ハラスメントという悩み

エンジニアという職種は、男性が多い職種となっているため、女性エンジニアにとっては「職場環境に悩みを抱えている」という方も多いのではないでしょうか。中には、心ない言葉を言われたり、対応をされる方もいますから、「仕事を辞めようか悩んでいる」という方もいるでしょう。上司も男性が多いことから、「相談出来ない」と一人で悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
では、女性エンジニアのハラスメントという悩みについて、ご紹介しましょう。

ハラスメントには、様々なタイプがあります。
例えば、卑猥な言葉を言ったり、体を触るといったセクシャルハラスメントもありますし、きつい言葉で責めるといったパワーハラスメントといったものもあります。女性の場合には、セクシャルハラスメントを受けている方が圧倒的に多いのではないでしょうか。特に、エンジニアの世界では男性が多い世界ですから、上司や同僚にセクシャルハラスメントにあっているという女性エンジニアもいるでしょう。

こういった悩みの大きな問題点は、人に相談しにくいということ。職場に、相談出来る同姓の先輩や同僚がいれば、相談しながら対策を練ることが出来ますが、いない場合には一人で悩み、我慢し続けるか、退社するしか方法はありません。しかし、こういった悩みに関しては行政などに相談することも出来ます。
それぞれの地域では、ハラスメントの相談窓口などを設けていますから、「我慢出来ない」「毎日、辛い」と感じている方は、一人で悩まずにこういった窓口を利用するなど、ハラスメントの悩みを解決するための対策を取ることをオススメします。